本文へスキップします。

個人のお客様

#16【デコアーティスト】合格体験記

16

デコアーティスト
宮崎 治子さん


2児の母親、デコアーティスト2級。
資格取得後は、インターネットを中心にオーダーメイド作品を販売。
がくぶん「デコアーティスト講座」修了。

学びを通じて新しいやりがいを発見!オリジナル作品で周囲を笑顔に!!

学習のきっかけは・・・?

ネイルサロンを自宅で開業していたこともあり、ネイルアートでスワロフスキーを扱う事が多く、興味のあったデコアートに挑戦することにしました。
元々 キラキラしたものが好きで自分でも何か作品を作りたいという気持ちになった時、偶然 雑誌の広告を目にしたことで学習を始めました。
学習中は、更にスワロフスキーの輝きに魅了されました。

ネイルアートは、職種によってはやりたくても出来ない方もいらっしゃったりしましたが、デコグッズは身近であり 老若男女問わず喜ばれるのも大きな魅力の一つですね。
学習中は、家族の理解と周囲のサポートもあり、楽しく学習を続けることができました。

学習中工夫したことは?

通信講座だったので、妊娠中でも仕事しながら 家事、育児の合間に学習。
自分のペースで出来ました。学習では提出課題もあり、講師からのアドバイスや課題評価のスタンプをもらえるのが楽しみでとても学習の励みになりました。
学習が進むにつれ内容は高度になりますが、達成感も大きく 楽しみながら学習することができました。

講座を受講したことで、デコアートの基礎を身につけられ 今 とても役に立っています。
素材やデザインによって、様々なストーンの配色 配置やバランス工夫などなど・・・お仕事をする上で、必要なステップであったと実感しています。

独立までは苦難の連続!?

私の場合は、ネイルサロンを自宅で開いていたため、最初は自分のデコ作品をディスプレイとして飾り、興味を持って頂いたお客様から徐々に口コミで広げていきました。
また、ホームページやSNS(Facebookやブログ)を活用し、インターネット販売を通じて日本全国へ発送を行っています。
デコアートは、作業時間の融通もつきやすく助かりました。家事や育児、ネイルの仕事を優先させながらもデコアートの仕事もできることが良かったですね。

ただ、ホームページの開設や販売するまでのステップの検討、仕入れ業者の選定などは、デコアートの学習とは別に自身で独学することで知識を得ました。
開業後は、家事や育児など時間配分の使い方を工夫するようになりましたね。段取り良く、メリハリのある生活を送れるよう意識しています。

今後の目標は?

将来、自分のお店を持つことを目標に頑張っています。誰でも楽しめるデコ講座の開講や友人達が気軽に立ち寄れるそんなお店づくりをしていけたらと考えています。

デコアートは、自分のお気に入りのアイテムを「デコ」することでモノに愛着を持たせることができます。
モノを大切にする気持ちやデコアートの楽しさ、輝き、喜びと感動、笑顔とHAPPYをどんどん発信していきたいですね!

デコアーティストという職業に出会ったことで、自分の作った作品でお客様の笑顔や喜びのお声を頂けていること、多くの方と出会いが増えたことが今の私の原動力になっています。
これから年を重ねていっても自分の限界を決めず、デコアーティストという仕事を続けていきたいなと思います。