本文へスキップします。

お知らせ履歴

JAD監事片山が書籍「これからのキャリア開発支援」を共著にて、出版しました。

2016/08/31その他

JAD監事片山が書籍「これからのキャリア開発支援」を共著にて、出版しました。




以下、書籍の紹介です。

 【書籍概要】
 キャリア開発が個人主導・自己責任で求められる時代、「自律」的に成長を続ける社員が育ち、
 それが組織の変革や発展へと結び付くためには、組織と個人はどのような関係を築けばよいでしょうか。
 こうした問題意識から、本書では、企業の経営者や人事・教育担当者が、
 「キャリア開発支援」の全体フレームや近年のトレンドを理解し、実際の制度設計を進める際に
 必要な実務情報を取りまとめました。
 
 解説・実態調査・企業事例の構成により、これからの「キャリア開発支援」の在り方を多角的に捉え、
 実務に役立つ内容を掲載しています。 


 【目 次】
  第1章 今なぜキャリア開発支援が必要なのか
   解説1 キャリア開発の新展開(花田光世 慶應義塾大学名誉教授)
   解説2 企業におけるキャリア開発支援の変遷と進むべき道(下村英雄 労働政策研究・研修機構 主任研究員)

  第2章 キャリア開発支援制度の設計と運用
  第3章 キャリア開発支援を成功させるための工夫と実践
   片山繁載 秋本暢哉 坂室 繁 水野みち (株)日本マンパワー

  第4章 【最新調査】企業におけるキャリア開発支援の実態 労務行政研究所編集部


  第5章 キャリア開発支援の実際例
    事例1 サントリーホールディングス
    事例2 帝人
    事例3 NTTデータMSE

  第6章 キャリア開発支援を専門とする各機関・団体からの視点