本文へスキップします。

教育事業者へのナレッジ

厚生労働省ガイドライン

厚生労働省「民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン」とは

「民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン」(以下「ガイドライン」)は、民間教育訓練機関が提供する職業訓練サービスと民間教育訓練機関のマネジメントの質の向上を目的とし、厚生労働省が平成23年12月に策定したものです。
国内で初となる民間教育訓練機関のための質保証に関するガイドラインです。
民間教育訓練機関の自発的な職業訓練サービスの質の向上を促進させることに加え、民間教育訓練機関が委託訓練、求職者支援制度における認定訓練及び教育訓練給付制度における指定講座を実施する場合においても、質の保証及び確保等をするためのツールとして策定されてました。

このガイドラインは、民間教育訓練機関の自発的な職業訓練サービスの質の向上を促進させることに加え、民間教育訓練機関が委託訓練、求職者支援制度における認定訓練及び教育訓練給付制度における指定講座を実施する場合においても、質の保証及び確保等をするためのツールとして策定しました。
現在、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構において、民間教育訓練機関の施設責任者や講師などを対象に、ガイドラインに基づくPDCAサイクルを活用した職業訓練の運営のために必要な知識及び技能を習得するための研修が実施されています。

ガイドライン策定の背景

ISO29990の発行を受け、民間教育訓練機関が提供する職業訓練サービスに焦点を当て、カリキュラム、能力評価、講師等の職業訓練に関する品質の向上を図るべく、ガイドラインが開発されました。
職業能力開発基本計画(第9次)」(平成23年)においても、「公的職業訓練の質の保証及び向上、民間教育訓練機関の質の保証及び向上の支援、民間教育訓練機関を委託訓練や今後創設が予定される求職者支援制度における訓練の実施機関として活用する場合の質の保証及び向上等のツールとしてガイドラインを早期に策定し、その普及・促進を図っていく。」と記載されています。
※文中の「求職者支援制度」はすでに実施されています。詳細はこちらをご覧ください。

◆関連リンク

厚生労働省「民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン」
※リンクはこちらから

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 「民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドライン研修」(研修内容、日程等の案内)
※リンクはこちらから

【民間教育訓練機関における職業訓練サービスガイドラインに関するJADの活動についてはこちら